アーキペラゴゼミ 豊島編

ホーム ›  プロジェクト › アーキペラゴゼミ 豊島編 › 参加者募集

アーキペラゴゼミ 豊島編

7/18(土)豊島ゼミ *終了しました

2015年06月26日


7月の豊島ゼミ、日程が決まりました。
7/18(土)です。

とりいそぎ、お知らせいたします。
前回の様子や次回のご案内など、改めてブログにアップします。
前回から講師は、石井亨(とおる)さんにお願いしています。


石井さんの著書「未来の森」2007年刊。
「豊島事件から地方議会へ この国の姿が見えてきた」

発行:農事組合法人てしまむら
著者:石井とおる

サヌキス、ルビー商會で購入できます。
(Text:豊島ゼミコーディネーター 山下ナミ)

*******************************

次回の豊島ゼミ

実施日 :2015年7月18日(土)
参加費 : 2,000円 (全て住民会議経費:資料代、バス代、ガイド料)
時 間 : 集合 10:00 豊島、交流センター 
     解散 12:30 同上

※ 高松港発9:07の高速艇が便利です。宇野港からの直近の便は9:05着になりますので、
  家浦港の豊島交流センター等でお待ちください。
※ 帰路は家浦港 15:10発→高松港16:00着、家浦港17:20発→高松港17:55着もあります。
※ 事情により講師が代わる場合もありますことをご了承ください。

※ 高松-豊島のアクセスはこちらをご参考にどうぞ。

※ 豊島に前泊されたい方は民泊がおすすめです。
       
■お申込方法■
------------------------------------------------------------
・参加者名
・電話番号(当日連絡が取れる携帯番号など)
------------------------------------------------------------
を明記の上
7月 16日(木)までに
◎NPO法人アーキペラゴ 
TEL:087-813-1001
Mail:info@archipelago.or.jp 
もしくはお申し込みフォームより
ご連絡ください。


豊島ゼミの概要
http://www.archipelago.or.jp/outline/teshima-seminar.html


6/20(土)豊島ゼミ *終了しました

2015年05月27日


豊島ゼミ、6月の日程が決まりました。
砂川さんのご都合がつかず、砂川さんの推薦で石井享さんに講師をお願いしました。

視察時の砂川さんのお話から……
 「豊島住民は一生懸命やったんですけど、一向に解決の道がみえない。
  そこで考えました。
  これはもう県会にださなんだら 県がしたことをチェックするのは県会やけん、
  その県会がぼんやりしとるからこういうことになる。

  それで県会議員を豊島から送ろうじゃないかという提案をいたしました。
  “そんなもん豊島から県会議員出したって当選できるかいな”
  という声もあったんですけど、いや、やります、やりましょうと。」

豊島事件を語る砂川さんの主語は「豊島住民」です。
唯一、砂川さんが主語になるのは「勝手連」という名称の選挙運動です。
 
  「わし、中岡さんという書道の先生と二人で17軒回りました。
   こう目星つけて行っとるかんな、わしと中岡さん、
   この人なら賛成してくれるじゃろうと思って行ってる。
   “やらんかい、すぐ事務所作れ”って、
   みんな応援してくれました。
   誰だすかもわからんのに、そういう風な勢いがつきまして、   
   中坊先生にも“急ぐんじゃろ、誰だすんじゃ?”と聞かれましたが、
   誰だすんかわからん。」

候補者未定のまま選挙事務所ができ、のぼりがたちました。

  「明日の晩に二人ずつ連れて3人で来てください、と言うたら
   50人が寄ってくれました。
   そこで、こういうことをやりたいと言ったら、よっしゃ! と。
   もう公示がそこにきとるから、明日の晩も頼むで言うたら
   その50人が二人ずつ連れて150人が寄ってくれました。
   “明日の晩には公示は決めておりますな?” と言われ、
   39歳の独身の百姓 石井亨という男。
   この男に目星をつけた。」

長老たちの意志を継ぐ石井享さんが、豊島ゼミで話します。


石井さんの著書「未来の森」2007年刊。
「豊島事件から地方議会へ この国の姿が見えてきた」
ルビー商會で購入できます。

発行:農事組合法人てしまむら
著者:石井とおる

(Text:豊島ゼミコーディネーター 山下ナミ)

*******************************

次回の豊島ゼミ

実施日 :2015年6月20日(土)
参加費 : 2,000円 (全て住民会議経費:資料代、バス代、ガイド料)
時 間 : 集合 10:00 豊島家浦港桟橋 
     解散 12:30 同上

※ 高松港発9:07の高速艇が便利です。宇野港からの直近の便は9:05着になりますので、
  家浦港の豊島交流センター等でお待ちください。
※ 帰路は家浦港 15:10発→高松港16:00着、家浦港17:20発→高松港17:55着もあります。
※ 事情により講師が代わる場合もありますことをご了承ください。

※ 高松-豊島のアクセスはこちらをご参考にどうぞ。
※ 豊島に前泊されたい方は民泊がおすすめです。

       
■お申込方法■
------------------------------------------------------------
・参加者名
・電話番号(当日連絡が取れる携帯番号など)
------------------------------------------------------------
を明記の上
6月18日(木)までに
◎NPO法人アーキペラゴ 
TEL:087-811-7707 (5/29まで)
TEL:087-813-1001 (新事務所6/1~) 
Mail:info@archipelago.or.jp
もしくはお申し込みフォームよりご連絡ください。

概要
http://www.archipelago.or.jp/outline/teshima-seminar.html



【豊島ゼミ】まもなくです、10/25(土)*終了しました

2014年10月19日


有害産業廃棄物の不法投棄がつづく豊島(てしま/瀬戸内海)に、
兵庫県警が踏み込んだのは、1990年11月16日です。
なぜ、香川県警の管轄に兵庫県警が踏み込めのたか。

豊島(てしま)事件の地は香川県に属する島です。
香川県警の管轄ですが、摘発は兵庫県警でした。
廃棄物はよそから、遠くはイタリアからも持ち込まれています。
県は「何をもって廃棄物とするか、対価を得られるものは廃棄物でない、
金属回収業の許可をとりなさい」と業者を…。

豊島住民の想い、
産業廃棄物不法投棄事件に立ち向かった40年とは…。

廃棄物対策豊島住民会議の元議長、砂川三男さんが、
10/25(土)に語ります。

(Text:豊島ゼミコーディネーター 山下ナミ)

*******************************

次回の豊島ゼミ

実施日 : 2014年10月25日(土)
参加費 : 2,000円 (全て住民会議経費:資料代、バス代、ガイド料)
時 間 : 集合 10:00 豊島家浦港桟橋 
     解散 12:30 同上

※ 高松港発9:07の高速艇が便利です。宇野港からの直近の便は8:55着になりますので、
  家浦港の豊島交流センター等でお待ちください。
※ 家浦港 15:10発→高松港16:00着、家浦港17:20発→高松港17:55着もあります。
※ 事情により講師が代わる場合もありますことをご了承ください。

※ 高松-豊島のアクセスはこちらをご参考にどうぞ。

※ 豊島に前泊されたい方は民泊がおすすめです。
       
■お申込方法■
------------------------------------------------------------
・参加者名
・電話番号(当日連絡が取れる携帯番号など)
------------------------------------------------------------
を明記の上
10月23日(木)までに
◎NPO法人アーキペラゴ 
TEL:087-811-7707  
Mail:info@archipelago.or.jp 
もしくはお申し込みフォームよりご連絡ください。





10/25(土)豊島ゼミ*終了しました

2014年09月29日


豊島ゼミ、10/25(土)に開講します。

前回のゼミが8/30でしたので、2ヵ月ぶりです。
とはいえ、告知&募集期間が1か月をきりました。
ぜひ、お友達に「豊島ゼミの日程がきまったよ」と声をかけて
おでかけください。

概要→http://www.archipelago.or.jp/outline/teshima-seminar.html

写真は船で豊島に近づくと見える灯浮標です。
片面に「てしま」と書いてあります。

(Text:豊島ゼミコーディネーター 山下ナミ)

*******************************

次回の豊島ゼミ

実施日 : 2014年10月25日(土)
参加費 : 2,000円 (全て住民会議経費:資料代、バス代、ガイド料)
時 間 : 集合 10:00 豊島家浦港桟橋 
     解散 12:30 同上

※ 高松港発9:07の高速艇が便利です。宇野港からの直近の便は8:55着になりますので、
  家浦港の豊島交流センター等でお待ちください。
※ 家浦港 15:10発→高松港16:00着、家浦港17:20発→高松港17:55着もあります。
※ 事情により講師が代わる場合もありますことをご了承ください。

※ 高松-豊島のアクセスはこちらをご参考にどうぞ。

※ 豊島に前泊されたい方は民泊がおすすめです。
       
■お申込方法■
------------------------------------------------------------
・参加者名
・電話番号(当日連絡が取れる携帯番号など)
------------------------------------------------------------
を明記の上
10月23日(木)までに
◎NPO法人アーキペラゴ 
TEL:087-811-7707  
Mail:info@archipelago.or.jp 
もしくはお申し込みフォームよりご連絡ください。




8月30日(土)は豊島へGo!(終了しました)

2014年07月05日


高松と岡山の間に位置し、瀬戸内海に浮かぶ豊島(てしま)。

「豊島は、農業が盛んなところでした。
豊島には114町歩の水田がございます。
豊島でとれた米が豊島で食べて、余った米を輸出ができるというのは、
瀬戸内海島では豊島だけと言われます。」
と、島の概要から始まる豊島ゼミ。

豊島に生まれ、豊島で育ち、船に乗る仕事を経て、
豊島で家族を守り、豊島の未来をみつめる元議長 砂川三男さん(86)の島語り。

「豊島は空気もきれい、海もきれい、魚もある。
米もある、牛乳もある。豊かでのどかな島。
産廃事件が起きるまで、豊島(てしま)と読んでくれる人は
ほとんどいなかったですね。」

島の暮らしがイメージできる概要は、豊島ゼミの導入部分にすぎません。
ゼミの2時間では語りつくせない、
1975年以来の闘争は豊島事件と呼ばれています。

アートという舵取りで、見えなくしているものを
なかったことにはできないと、私は思います。
8月の最後に、砂川さんの豊島ゼミを開講します。
足元から暮らしを見つめてみませんか。

(Text:豊島ゼミコーディネーター 山下ナミ)

*******************************

8月の最後は豊島ゼミ

実施日 :2014年8月30日(土)
参加費 : 2,000円 (全て住民会議経費:資料代、バス代、ガイド料)
時 間 : 集合 10:00 豊島家浦港桟橋 
     解散 12:30 同上

※ 高松港発9:07の高速艇が便利です。宇野港から直近の便は8:55着になりますので、
  家浦港の豊島交流センター等でお待ちください。
※ 家浦港 15:10発→高松港16:00着、家浦港17:20発→高松港17:55着もあります。
※ 事情により講師が代わる場合もありますことをご了承ください。

※ 高松-豊島のアクセスはこちらをご参考にどうぞ。
※ 豊島に前泊されたい方は民泊がおすすめです。
       
■お申込方法■
------------------------------------------------------------
・参加者名
・電話番号(当日連絡が取れる携帯番号など)
------------------------------------------------------------
を明記の上
8月28日(木)までに
◎NPO法人アーキペラゴ 
TEL:087-811-7707  
Mail:info@archipelago.or.jp 
もしくはお申し込みフォームより
ご連絡ください。