アーキペラゴゼミ 豊島編

ホーム ›  プロジェクト › アーキペラゴゼミ 豊島編

アーキペラゴゼミ 豊島編

【あるく豊島ゼミ】2018/1/27(土)

2018年01月12日


不定期開催の豊島ゼミ、
今月から3月までは第4土曜日に定期開催します。

昨年3月、豊島(てしま/瀬戸内海)に不法投棄された産業廃棄物がすべて運びだされました。
環境基準になるまで水処理は続きます。
産廃跡地の整地が始まりました。
遮水壁がなくなり、削られ、えぐれた土地が船から見えます。
中間保管・梱包施設は解体は終え、すっかり景色が変わりました。
掘削跡地の大きな穴(つぼ穴)は埋め戻します。
住民手づくりの「こころの資料館」に、廃棄物の層を切り取った「剥ぎ取り」が移設されました。

今、どんな様子なのか高台から見ましょう。
あるく豊島ゼミです。
途中までは車で行きます。
ちょっと歩いて高台から見た後、産廃跡地の「こころの資料館」で住民運動の話を聞きます。
講師は豊島事件住民運動のリーダーのお一人、石井亨さんです。
公害調停の選定代表人であり、ごみからメガソーラー問題まで
豊島に起こっていることから足元の暮らしに投げかけていきます。

(Text:豊島ゼミコーディネーター 山下ナミ)

*******************************

あるく豊島ゼミ

実施日 :2018年 1月 27日(土)
参加費 : 3,000円 (住民会議経費2000円含む)
時 間 : 集合 10:30 豊島交流センター
     解散 12:30 同上
内 容: 産廃処理跡地を高台から俯瞰して水処理やツボ穴の埋め戻しなど、続く課題を現状視察

※ 高松-豊島のアクセスはこちらをご参考にどうぞ。
※ 豊島に前泊ならこちらをご覧ください。

■お申込方法■
————————————————————
・参加者名
・電話番号(当日連絡が取れる携帯番号など)
・当日移動の場合、どの港から?
————————————————————
を明記の上
1月 23日(火)までに
◎NPO法人アーキペラゴ
TEL:087-813-1001
Mail:info@archipelago.or.jp
もしくはお申し込みフォームよりご連絡ください。

概要
http://www.archipelago.or.jp/outline/teshima-seminar.html

今、どんな様子なのか高台から見ましょう。
あるく豊島ゼミです。
途中までは車で行きます。
ちょっと歩いて高台から見た後、産廃跡地の「こころの資料館」で住民運動の話を聞きます。
講師は豊島事件住民運動のリーダーのお一人、石井亨さんです。
公害調停の選定代表人であり、ごみからメガソーラー問題まで
豊島に起こっていることから足元の暮らしに投げかけていきます。
(Text:豊島ゼミコーディネーター 山下ナミ)


赤い建物(写真左)が中間保管・梱包施設。2017−10撮影


中間保管・梱包施設の解体中。 2017−12−22撮影



住民手づくりの「こころの資料館」に、廃棄物の層を切り取った「剥ぎ取り」が移設されました。 これは中間梱包施設にあったもの


豊島で学ぶ『ごみ』と『自然』と私たちの『暮らし』

2017年10月12日

『ごみ』が増えると『自然』と『暮らし』はどうなるのか?

自分の目で見て、体験して考えましょう!


2016年の記念写真♪

今年3月にすべての産業廃棄物がなくなった豊島。
大量の『ごみ』が埋められていた場所は、今、どうなっているのでしょう?

『ごみ』が増えると『自然』がどうなるのか?
『自然』と私たちの『暮らし』はどうつながっているのか?
『暮らし』から出る『ごみ』はどうすれば減らせるのか?

これから自然を生かしていく豊島で一緒に考えてみましょう。



埋め立てごみをはぎ取ったもの。今は資料館にあります。

"砂じいの郷"の近くにあるきれいな浜辺


自分たちで作ったおにぎり!

昨年の稲刈りでは子どもたちが大活躍


芋ほり体験も大人気!

秋の収穫を満喫!


※写真は昨年11月、今年4月に開催したときのものです。


開催日2017年11月11日(土)※荒天延期
時間8:00集合(県営高松桟橋)~17:00解散(県営高松桟橋)
募集人数25名(3歳以上のお子さまと保護者)
参加費大人(高校生以上)1000円 ※高松⇄豊島往復船代
お子さま無料
主催・お問合せNPO法人アーキペラゴ
〒760-0062 香川県高松市塩上町1-2-7
TEL: 087-813-1001/FAX: 087-813-1002
共催日本NPOセンター
協力四国EPO
協賛東京海上日動火災保険株式会社
後援環境省

スケジュール

08:00集合(県営高松桟橋)
08:30高松港 出港(海上タクシーで移動)
09:20豊島家浦港 着
09:45産業廃棄物処理施設跡 見学
11:15産業廃棄物処理施設跡 見学終了
11:30農業体験プログラム スタート
◆砂じいの郷のお米でおにぎりをつくろう
◆稲刈り体験
◆そば・大豆収穫体験
※収穫する農作物の種類や量は天候などによって左右される場合があります。
※お飲み物は各自ご準備ください。
15:30農業体験プログラム 終了
16:20豊島家浦港 出港(海上タクシーで移動)
17:00高松港 着~解散

持ち物

  • 手袋(農作業用)
  • タオル(汗ふき&泥ふきなどに2枚程度)
  • 飲み物(水筒が望ましい)
  • 空のお弁当箱やタッパー、もしくはアウトドア用食器(昼食時の食器として使います)
  • 酔い止め(船酔いしやすい方は特にご注意ください)
  • 天候対策グッズ(日よけ・雨具など)

服装

  • 動きやすい服装(長袖・長ズボンの着用をお勧めします)
  • スニーカーもしくは長靴

※都合により終了時間は前後する場合がございます。
※プログラム中に撮影したお写真やアンケート内容を東京海上日動火災保険株式会社、またはアーキペラゴのホームページなどに掲載することがあります。ご了承いただけない場合はスタッフへご連絡ください。

高松県営桟橋のりば


お申込み方法

こちらの専用フォームからお申し込み下さい。


豊島のお米に花が咲いたよ

2017年08月04日


4月に「Green Gift 地球元気プログラム」のイベントで田植えをしました。
みんなが植えたお米に、花が咲いたよ。


管理人の田尾さんが、水の調整をしながら草取りをして、稲の生育をみてくれています。
「このぶんだと、8月中に稲刈りかな」と教えてくれました。
お米の様子はまたお知らせします!



7/29(土) 暮らしを考えるアート【リビングアート in 檀山 】Vol.3 *終了しました

2017年07月20日


豊島の檀山で体験型ゼミを7/29(土)に開催します。
写真は7月上旬の風景です。
戦後、開拓入植の地となった豊島の檀山(だんやま)に、最後まで残り続けた一軒の家があります。
開拓の歴史や当時の様子を聞き、暮らしとは何か、豊かな生のあり方とはどういうものか、みんなで考えてみたいと思います。
おひるごはんを一緒に作り、草を刈り、共に語り合う時間をもてたら、そのこと自体が一つのアート実践になるかもしれません。

6月の2回目は、スタッフで草刈をしました。
うっそうと伸びた草がどんどん刈り倒され、土地の形状が見えてきました。
ここに立つと、かつての風景と今が交差します。
廃屋となった「さいごの家」とこの土地は、持続可能な生活を実践をしてきた人たちの結晶のような場であり、循環型自然環境のスモールモデルの場でもありました。
ゴルフ場開発、空港建設など檀山の開発計画から水源を守り、島の暮らしと営みを守ってきた象徴のような「さいごの家」。

さまざまな場所から、それぞれの歴史や想いを持った人たちが集い、この土地の歴史とかつての景観に、各々の《まなざし》を重ねて、そこで感じたことや考えたことを分かち合ってみる。そのサークルが、新たな景観(もう一つのまなざし)を生み出していくランドスケープアートになったらいいなと思っています。

8月に1日だけopen houseをしたいと思ってます。
継続的な参加でなくとも檀山があなたにとって特別な場所になるように……。

◎豊島・檀山(だんやま)とは
豊島は、有害産業廃棄物の不法投棄事件をきっかけに全国から注目されている島ですが、もともと讃岐地方の離島の中では、珍しく水が豊かで自給自足が可能な島であり、自然の豊かさと共に生活を創造して生きてきた歴史があります。
そんな豊島のほぼ中央に位置する、標高300メートルの檀山(だんやま)。
山頂付近には樹齢100年から250年前後のスダジイ群生林があり、山の麓から湧き出る水は「唐櫃の清水」と呼ばれ、島の貴重な飲み水として、田畑を潤す水として、大切に使われています。
かつてこの場所は、戦後の食料不足から農地開拓の国策事業として実施された、檀山開拓団の人々によって拓かれた地でもありました。
それから71年後の現在、檀山に住む人はおらず、廃屋となった一軒の家が残っているだけです。
                               photo by Takehiro Morishima



企画協力者
■石井亨:豊島の住民運動を率いたリーダーのひとり



━━━━━━━━━━━━━━
ゼミ概要
━━━━━━━━━━━━━━
開催日 2017年 7月29日(土)※雨天中止
時 間 10:00集合(豊島唐櫃港、家浦港)~16:00解散(豊島唐櫃港、家浦港)
定 員 大人10名 *子どもの参加歓迎
参加費 3,500円(資料代、昼食代、体験代含む) / 子ども500円
    *別途レンタカー代(人数割り:実費)がかかる場合もあります。
最低催行人数 大人6名

━━━━━━━━━━━━━━
スケジュール
━━━━━━━━━━━━━━
10:00 集合(豊島唐櫃港、家浦港)
    豊島を1周して豊島を知る
    産業廃棄物不法投棄事件(豊島事件)のこと、各集落やアートのことなど
11:00 檀山開拓団の歴史と暮らし
    石井家周辺を歩いて農業や養鶏業で暮らしていたころを想像する
    普段の暮らしを教えてください…自己紹介
12:00 おひるごはんづくり
    豊島の食材を使ってみんなで作る
13:00 ランドスケープアート体験
    かつての暮らしをそのままに、自らの手でまたは刈払機を使って草を刈る
    まなざしの対話
    檀山から人間の生き方・暮らし方を考える
16:00 解散(豊島唐櫃港、家浦港)

■持ち物
長靴、手袋(農作業用)、タオル(汗ふき用など)、飲み物
天候対策グッズ(日よけ・雨具など)

■服装
動きやすい服装(背の高い草の間を歩けるように長袖・長ズボンの着用をお勧めします)
スニーカーもしくは長靴

■興味のある方に…
自然の中で何かを感じてみたい
豊島に興味がある
循環型自然環境のスモールモデルを知りたい
刈払機を使ってみたい
サスティナブルな生活を実践したい
土地づくりや暮らしづくりを芸術表現(アートリビング)として実践的に考えていきたい
自分の暮らし方を変えたい

*******************************

※ 高松-豊島のアクセスはこちらをご参考にどうぞ。
※ 豊島に前泊ならこちらをご覧ください。

■お申込方法■
————————————————————
件名:7/29(土) 暮らしを考えるアート【リビングアート in 檀山 】Vol.3
・参加者名
・電話番号(当日連絡が取れる携帯番号など)
・当日移動の場合、どの港から?
————————————————————
を明記の上
7月 26日(水)までに
◎NPO法人アーキペラゴ
TEL:087-813-1001
Mail:info@archipelago.or.jp
もしくはお申し込みフォームより
7/29(土) 暮らしを考えるアート【リビングアート in 檀山 】Vol.3 と明記の上、ご連絡ください。

(Text:豊島ゼミコーディネーター 山下ナミ)

☆ ☆



Final Home Project
How do you think about your final home?
まなざしのリレー

はじまりの家にむけて
…2016 final home project より


7/15(土)、豊島ゼミ *催行なしです

2017年07月02日


*催行人数に満たないため、今回は中止にさせていただきます。2017-6-20
-------------------------------
夏の観光シーズンがはじまろうとしています。
前回の豊島ゼミから、早くも4か月です。

豊島(てしま/瀬戸内海)に不法投棄された産業廃棄物が運びだされ、掘削跡地には大きな穴がいくつもあいています。
役目を終えた中間保管・梱包(こんぽう)施設も今は立ち入り禁止。
解体作業が始まります。
水処理は続きます。
新緑のころ産廃現場は静かで、ゆっくりと緑が息を吹き返しているような印象でした。
7月、どんな様子でしょうか。

豊島ゼミも内容をリニューアル。
前回までは現場視察のみでしたが、今回から昼食をはさんで午後に対話の時間をもちたいと思います。
一区切りを経て、これからの課題について一緒に考えてみたいのです。
そもそも、豊島事件とは何だったのでしょうか?
公害事件から何を学び得たのでしょうか。
豊島ゼミの講師は変わらず、全国の産廃業者の勉強会から講演依頼を受けている
住民運動のリーダーのお一人、石井亨さんです。
公害調停の選定代表人であり、社会情勢やごみ問題にも精通、
そのときどきのエピソードをまじえ、考えることを投げかけていきます。

(Text:豊島ゼミコーディネーター 山下ナミ)

*******************************

次回の豊島ゼミ

実施日 :2017年 7月 15日(土)
参加費 : 5,000円 (住民会議経費2000円含む)*昼食代別途/実費
時 間 : 集合 10:00 豊島交流センター
     解散 16:00 同上

※ 高松-豊島のアクセスはこちらをご参考にどうぞ。
※ 豊島に前泊ならこちらをご覧ください。

■お申込方法■
————————————————————
・参加者名
・電話番号(当日連絡が取れる携帯番号など)
・当日移動の場合、どの港から?
————————————————————
を明記の上
7月 13日(木)までに
◎NPO法人アーキペラゴ
TEL:087-813-1001
Mail:info@archipelago.or.jp
もしくはお申し込みフォームよりご連絡ください。

概要
http://www.archipelago.or.jp/outline/teshima-seminar.html