アーキペラゴゼミ 豊島編

ホーム ›  プロジェクト › アーキペラゴゼミ 豊島編

アーキペラゴゼミ 豊島編

【豊島ゼミ夏編】8/3(土) 豊島農民福音学校

2019年07月14日


戦後、豊島農民福音学校が開校しました。
武蔵野から豊島へ移り、藤崎盛一氏が豊島で実践した農民福音学校には、どんな学びがあったのでしょうか。
豊島農民福音学校は1982年に閉校となりましたが、創立者のご子息である藤崎盛清さんが、創立に至る背景から当時の様子を語ってくださいます。
約920名もの卒業生を世に送り出した活動と思想にふれてみたいと思います。

また、幼少の頃のエピソードも交えて、研修生と大家族で暮らした中での楽しみや子どもたち兄弟の役割などもお聞きできたらと思います。


賀川豊彦という社会活動家が提唱した農業と暮らしを、豊島で実践した豊島農民福音学校。賀川先生による書の石碑。



写真は、豊島農民福音学校にあり今も使われているロシア式石釜の炎、そしてその庭先の風景です。


━━━━━━━━━━━━━━
ゼミ概要
━━━━━━━━━━━━━━
開催日 2019年 8月 3日(土)
時 間 10:00 ~11:00
会 場  お申し込みの方へお知らせします。
定 員 大人10名 
参加費 2,000円

━━━━━━━━━━━━━━
スケジュール
━━━━━━━━━━━━━━
10:00  現地集合
    豊島農民福音学校について創始者のご子息、藤崎盛清さんからお話を聞きます。 
11:00  解散

*******************************
■お申込方法■
————————————————————
件名:8/3(土) 豊島農民福音学校
・参加者名
・電話番号(当日連絡が取れる携帯番号など)
・当日移動の場合、どの港から?
————————————————————
を明記の上
7月 26日(金)までに
◎NPO法人アーキペラゴ
TEL:087-813-1001
Mail:info@archipelago.or.jp
もしくはお申し込みフォームより
8/3(土) 豊島農民福音学校と明記の上、ご連絡ください。

(Text:豊島ゼミコーディネーター 山下ナミ)


【檀山ゼミ特別編】非構成的グループ・エンカウンター 「峠の茶屋」 2019/ 8/8(木)開講  

2019年07月14日


8月の平日に、檀山ゼミ特別編を開講します。

香川県豊島の檀山山頂に残された、戦後開拓団の「さいごの家」。
ここを会場に、この土地で自然と共に生きようとしてきた人間のまなざしを感じてみたいと思います。
現在は廃屋となった「さいごの家」は、ゴルフ場開発、空港建設など檀山の開発計画から水源を守り、島の暮らしと営みを守ってきた象徴のような家です。
この家と土地は、持続可能な生活を実践をしてきた人たちの結晶のような場であり、循環型自然環境のスモールモデルの場でもありました。

「さいごの家」に暮らした石井亨さんから、開拓の歴史や当時の様子を聞きます。
私有地のため普段は一般公開していません。
山頂のさっぱりとした気温、鳥たちの鳴き声、風がゆらす葉ずれの音。
深呼吸したら、何が見えるでしょうか。

昼食は場所を移して、食堂101号室さんへ(昼食代実費)。
豊島のおかあさんたちが栽培する野菜や地場産品を生かした創作料理です。
豊島の一次産業をつなぐ料理を作る人がいて、食べる人がいる。

「午後からは 非構成的グループ・エンカウンター《峠の茶屋》を開催します。
                     
--------------------
▶︎エンカウンターとは、
本音を言い合い、互いに聞き合う、同時に無言の時間をも感じあい、その場の音や空気や匂いにまで、目を見開き、耳を澄ます中で、そんな相互行為を互いに認め合う中で、深い信頼や未来への勇気を感じていく、そんな他者と他者との出会いの体験のこと。
--------------------
                      
臨床心理学におけるカウンセリングやサイコセラピーの一形態として行われる「グループ・エンカウンター」を応用しながら、どこまでも、「非構成的・非指示的(non-directive)」な場を開いてみたいと思っています。
                      
何か一つの目的に向けた解決や回答を出すためのものでもなく、あるイデオロギーを啓蒙するようなことでもなく、面白おかしくゲーム的な消費を行うのでもありません。
豊島檀山の《峠の茶屋》で、ほんのひと時、それぞれが背負ってきてしまった重い荷物を降ろして、手足をゆったり伸ばしながら、一期一会に出会った他者とともに、お互いの存在と呼吸だけを感じ合いながら、一杯のお茶でゆっくり喉を潤していく、そんな時間を開いてみたいと思うのです
                     
--------------------
▶︎では、なぜ、豊島檀山で非構成的グループ・エンカウンターを開催するのか?
--------------------
                     
豊島の産業廃棄物不法投棄事件では、国や県を相手どり、自分の生活を投げ打ってまで、島の自然に寄り添った営みと暮らしを守ろうとした人たちがいました。
彼らは、炎に焼かれるような苦渋に満ちた闘いの最中に、共闘する隣人とともに「ほんとうの人間の暮らし」とはなんなのかを共に問い、共に感じる、そんな《場》を生成していたように感じます。
                     
今の過酷な環境変容に見舞われたポストヒューマンな世界状況のなかで、「ポスト住民運動世代」の私たちが、こうした《場》を、今・再び新たに開いていくために、高度資本主義社会の激烈な人間疎外に耐えてきた豊島檀山の「最期の家」で、各自が自分の足元の日々の暮らしを見つめ直しながら、「イマ・ココ」で感じたままに、心のままに、皆さんと一期一会の時間をシェアーしてみたいのです。
未来の「人間の暮らし」をまなざし、どんな「場」を共創していけるか、共に試してみませんか?
                     
非構成的エンカウンター・スペースへと再起動を目指す《檀山・峠の茶屋》へようこそ!!
                     
--------------------
参考図書
--------------------
諸富祥彦,1997,『カール・ロジャーズ入門―自分が“自分”になるということ』コスモスライブラリー.
カール・ロジャーズ・畠瀬稔・畠瀬直子,1982,『エンカウンター・グループ―人間信頼の原点を求めて』創元社.
アーノルド ミンデル , 青木 聡 ,2001,『紛争の心理学―融合の炎のワーク』 講談社現代新書


--------------------
企画協力者■「FINAL HOME PROJECT」
--------------------
高橋 直治 (Naoharu Takahashi)さん:東京造形大学准教授
川部 良太(Kawabe Ryota)さん:東京造形大学助教

■「さいごの家」を一般公開します。
「FINAL HOME PROJECT2019〜まなざしのリレー」
8/3〜8/11 10:00〜17:00


--------------------
◎豊島・檀山(だんやま)とは
--------------------
豊島のほぼ中央に位置する、標高300メートルの檀山(だんやま)。
山頂付近には樹齢100年から250年前後のスダジイ群生林があり、山の麓から湧き出る水は「唐櫃の清水」と呼ばれ、島の貴重な飲み水として、田畑を潤す水として、大切に使われています。
かつてこの場所は、戦後の食料不足から農地開拓の国策事業として実施された、檀山開拓団の人々によって拓かれた地でもありました。
現在、檀山に住む人はおらず、廃屋となった「さいごの家」が残っているだけです。



(Text : 高橋直治 / 豊島ゼミコーディネーター 山下ナミ)

*******************************

【檀山ゼミ特別編】
非構成的グループ・エンカウンター 「峠の茶屋」

実施日 :2019年 8月 8日(木)  
参加費 : 5,000円 (資料代含む)
時 間 : 集合 10:00 豊島交流センター
     解散 16:30 同上
内 容: 10:00 豊島と檀山の説明 / さいごの家周辺散策
     12:30 昼食 / 食堂101号室 *実費(参加費には含まれていません)
     14:00 峠の茶屋 グループ・エンカウンター
人 数: 最低催行人数3人


■お申込方法■
————————————————————
件名:8/8(木) 檀山ゼミ
・参加者名
・電話番号(当日連絡が取れる携帯番号など)
・当日移動の場合、どの港から?
————————————————————
を明記の上
8月 2日(金)までに
◎NPO法人アーキペラゴ
TEL:087-813-1001
Mail:info@archipelago.or.jp
もしくはお申し込みフォームよりご連絡ください。


【豊島・檀山ゼミ特別クラス】小さな暮らしを守るための小さな合宿 2019/ 6/22(土)開講  *終了しました

2019年05月04日



参加多数のため募集は終了しました。またのご参加をお待ちしております。2019-6-11
------------------

6月6日という日を、豊島(てしま)の人はどれほどの思いで迎えたでしょうか。
2000年6月6日、公害調停成立
「怨念から希望へ 第2第3の豊島をつくらない」

「第2・第3の豊島をつくらないために、一生懸命運動してきたことが本当は、そのように今もなっているんでしょうか。
私たちは今、振り返り公害調停の原点に立って、こんなに悲しい出来事が起きないために、今後も精一杯、頑張って行きたいと思います」
(豊かさを問う2 ー調停成立5周年をむかえてー豊島事件の記録/廃棄物対策豊島住民会議 P26より引用 兒島晴敏さんの言葉)


瀬戸内の島に、世界に類のない環境と学びの島があります。
有害産業廃棄物の不法投棄事件が起こった、豊島です。
住民が廃棄物の撤去等を求めた公害調停は、2000年に合意文書に調印、調停が成立しました。
香川県による撤去と原状回復が決まり、事業は現在も続いています。


産廃の処分場は、視察できます。
どれほどの不法投棄だったのか、どうやって不法投棄を止めることができたのか、住民への健康被害と風評による実害、そこからどのように豊島の人は歩みを進めてきたのか。
住民運動の展開と法律の制定、リスクコミュニケーション、前例のない廃棄物処理。
豊島事件住民運動のリーダーのお一人から話をきく豊島ゼミを開講します。

いつもの産廃視察に加え、今回は住民運動に関連のある場所を歩きながら、当時の様子にまなざしを重ねたいと思います。
講師は石井亨さんです。
公害調停の選定代表人であり、ごみからメガソーラー問題まで豊島に起こっていることを暮らしに照らして投げかけていきます。
ここまでが午前の部、【豊島ゼミ】。


豊島産業廃棄物不法投棄現場。撤去完了と言われた後も廃棄物等は見つかっています


昼食をはさんで午後からは【檀山ゼミ】です。

場所を、豊島で戦後の開拓入植の地となった檀山(だんやま)に移して開講します。
檀山の山頂に現在は廃屋となった「さいごの家」があります。
ゴルフ場開発、空港建設など檀山の開発計画から水源を守り、島の暮らしと営みを守ってきた象徴のような家です。
その家とその土地は、持続可能な生活を実践をしてきた人たちの結晶のような場であり、循環型自然環境のスモールモデルの場でもありました。

「さいごの家」に暮らした石井亨さんから、開拓の歴史や当時の様子を聞きます。
今回は、ドキュメンタリー・リーディング(本の一節をその場所で読む)を行います。
テキストは、もう「ゴミの島」と言わせない
豊島産廃不法投棄、終わりなき闘い
 (著者:石井 亨/出版社:藤原書店)
暮らしとは何か、豊かな生のあり方とはどういうものか。
午前中の産廃視察で見たこと感じたことを、午後の檀山で語り合えたらと思います。

夜の部もあります。
自分の町の公害問題について話したり、映画「まなざしのリレー」鑑賞など、企画協力のお二人と石井さんを交えてフリートークです。
豊島に1泊される方は、翌日の檀山での作業(草刈りやテーブル作りなど)も体験できます。

企画協力者■「FINAL HOME PROJECT」
高橋 直治 (Naoharu Takahashi)さん:東京造形大学准教授/川部 良太(Kawabe Ryota)さん:東京造形大学助教/

◎豊島・檀山(だんやま)とは
豊島のほぼ中央に位置する、標高300メートルの檀山(だんやま)。
山頂付近には樹齢100年から250年前後のスダジイ群生林があり、山の麓から湧き出る水は「唐櫃の清水」と呼ばれ、島の貴重な飲み水として、田畑を潤す水として、大切に使われています。
かつてこの場所は、戦後の食料不足から農地開拓の国策事業として実施された、檀山開拓団の人々によって拓かれた地でもありました。
現在、檀山に住む人はおらず、廃屋となった「さいごの家」が残っているだけです。


檀山にある「さいごの家」(一般公開していません。2019夏、数日間一般公開します)。 ◾️「FINAL HOME PROJECT」とは 香川県豊島の檀山頂上の戦後開拓団の最後の家である石井家とその景観とその暮らしを再現、保存し、未来の「人間の暮らし」を考え、共創していけるエンカウンター・スペースへと再起動を目指すリヴィング・アート・プロジェクト。


書評、朝⽇新聞掲載:2018年06月16日。評者:寺尾紗穂さん。


(Text:豊島ゼミコーディネーター 山下ナミ)

*******************************

豊島・檀山ゼミ特別クラス
「小さな暮らしを守るための小さな合宿」


実施日 :2019年 6月 22日(土)  
参加費 : 5,000円 (住民会議経費2000円/資料代含む)
     選択参加もできます。
     午前の部【豊島ゼミ】参加費3,000円、午後の部【檀山ゼミ】参加費2,000円

時 間 : 集合 10:00 豊島交流センター
     解散 17:00 同上

内 容: 10:00 【豊島ゼミ】産廃視察
     関連場所を歩き、産廃処理跡地を眺め、水処理などの続く課題を視察
     移動は住民会議の車です
     12:30 昼食 / 食堂101号室 *実費(参加費には含まれていません)
     15:30【檀山ゼミ】
     石井さんによるドキュメンタリー・リーディング(本の一節をその場所で読む)

人 数: 最低催行人数3人


■お申込方法■
参加多数のため募集は終了しました。
またのご参加をお待ちしております。2019-6-11

◎NPO法人アーキペラゴ
TEL:087-813-1001
Mail:info@archipelago.or.jp
もしくはお申し込みフォームよりご連絡ください。

概要
http://www.archipelago.or.jp/outline/teshima-seminar.html


住民手作りの「こころの資料館」(写真左)、その入り口に4月、スミレが咲いていました。写真左の奥、見えませんが、密閉型のダンプカーを積む専用船の架設桟橋が今も残っています。



【あるく豊島ゼミ】2019/ 2/16(土)午後開講  *終了しました

2019年02月04日

有害産業廃棄物と汚染土壌が運び出され、えぐられた土地がむき出しの処理現場 2018-1-6撮影


世界が注目する瀬戸内海。
中でも環境と学びの島、豊島(てしま)は有害産業廃棄物の不法投棄事件を抜きには語れません。
住民が廃棄物の撤去等を求めた公害等調整委員会で、香川県による撤去が決まり、処理事業は現在も続いています。

1月の豊島ゼミは、住民運動に関連のある場所を歩きながら、当時の様子にまなざしを重ねました。
産廃がどうやって運び込まれたか、その道をたどりながら、産廃の処分場へ向かいました。


オリーブの植樹記念碑に刻まれた言葉を読みました


右奥に架設の桟橋が見えます、廃棄物等の運搬船専用です。


住民てづくりのこころの資料館で、住民運動の様子を豊島の方に話してもらいました

産廃現場の跡地に立ち、想像力を膨らませました。
どれほどの不法投棄だったのか、どうやって不法投棄を止めることができたのか、住民への健康被害と風評による実害、そこからどのように豊島の人は歩みを進めてきたのか。
住民運動の展開と法律の制定、リスクコミュニケーション、前例のない廃棄物処理。

豊島事件住民運動のリーダーのお一人、石井さんから話をききました。
そして今回は、女性の会で運動を支えたお一人、山口さんも話をしてくださいました。
2月も「あるく豊島ゼミ」を開講します。

(Text:豊島ゼミコーディネーター 山下ナミ)

*******************************

豊島ゼミ

実施日 :2019年 2月 16日(土) 
参加費 : 3,000円 (住民会議経費2000円/資料代含む)
時 間 : 集合 13:00 豊島交流センター
     解散 16:00 同上
内 容: 関連場所を歩き、産廃処理跡地を眺め、水処理などの続く課題を現状視察
     移動は住民会議の車です
人 数: 最低催行人数3人

おことわり:講師の都合により中止にさせていただく場合があります。


■お申込方法■
————————————————————
・参加者名
・電話番号(当日連絡が取れる携帯番号など)
・当日移動の場合、どの港から?
————————————————————
を明記の上
2月 11日(月)までに
◎NPO法人アーキペラゴ
TEL:087-813-1001
Mail:info@archipelago.or.jp
もしくはお申し込みフォームよりご連絡ください。

概要
http://www.archipelago.or.jp/outline/teshima-seminar.html


豊島産業廃棄物不法投棄現場、2018-1-6撮影。 中間保管・梱包施設の解体や掘削跡地の大きな穴(つぼ穴)の埋め戻しのために重機が見える1年前。


※お申込受付終了しました。 アートと自然と暮らしを感じる1日!瀬戸芸で大人気の豊島を体験!

2019年01月25日

産業廃棄物がたくさん捨てられたことで注目を集めた豊島。

瀬戸内国際芸術祭や豊島美術館でアートの島としても知られ、

今年ニューヨークタイムズが発表した「2019年行くべきデスティネーション」の

7位に選ばれた瀬戸内海の島々の中でも大人気の島になりました。

産業廃棄物の問題をどのように解決したのか?

なぜ豊島にたくさんの人が来るようになったのか?

島の人たちの話を聞いて、集落を散策して、一緒に探ってみましょう!

 

 


豊島のビーチ

これまで何度か見学してきた豊島の産廃処理場。
2017年3月28日、豊島にあった産業廃棄物は全て島外に搬出されました。

ですが、あれからおよそ2年。
この間に実施された調査で産業廃棄物が追加で見つかり、どのように処理をするかなど話し合いが続いています。

午前中は現在の産廃処理場跡地がどうなっているかを実際に見ながら「豊島事件」を振り返ります。


埋められたごみはこんな感じでした。

たくさんのごみが埋められていた場所

産業廃棄物問題の復習をした後は
これまでのGreen Giftプロジェクトではまだ行ったことのない唐櫃(からと)へ移動。

唐櫃エリアは豊島美術館島キッチンなど国内外の観光客に人気のスポットはもちろん、豊富な水が湧き出る唐櫃の清水や周辺の美しい棚田が広がります。

午後からはアートと自然を共存させた豊島と、そこで暮らす島の人たちのお話を聞きながら豊島・唐櫃地区を巡ります。


2019年の瀬戸内国際芸術祭が始まる直前の豊島で
アート、自然、島の暮らしを学びます。


湧き水があふれる『唐櫃の清水』

今では豊島のシンボル。豊島美術館。

開催日2019年3月16日(土)※荒天時は翌週(23日)に延期
時間8:00集合(県営高松桟橋)~16:30解散(県営高松桟橋)
募集人数25名(3歳以上のお子さまと保護者)
参加費大人(高校生以上)3000円 | 小人(3歳~中学生)1000円
※豊島産廃処理場見学、お昼ご飯、豊島美術館鑑賞料(15歳以上)の一部として充当させていただきます。
主催・お問合せNPO法人アーキペラゴ
〒760-0062 香川県高松市塩上町1-2-7
TEL: 087-813-1001/FAX: 087-813-1002
共催日本NPOセンター
協力四国EPO
協賛東京海上日動火災保険株式会社
後援環境省

スケジュール

08:00集合 (県営高松桟橋)
08:30高松港 出港 (海上タクシーで移動)
09:20豊島家浦港 着
09:45産業廃棄物処理施設跡 見学
10:30産業廃棄物処理施設跡 見学終了
11:30唐櫃地区着 島の方たちと交流
13:30唐櫃散策 (唐櫃の清水・棚田・豊島美術館)
15:00唐櫃港へ移動
15:30唐櫃港 出発 (海上タクシーで移動)
16:30高松港 着~解散

持ち物

  • タオル(2枚程度)
  • 飲み物(水筒が望ましい)
  • 酔い止め(船酔いしやすい方は特にご注意ください)
  • 天候対策グッズ(日よけ・雨具など)

服装

  • 動きやすい格好
  • スニーカー

※島内を歩きます。
※日除け&熱中症対策は各自しっかり行ってください。

※都合により終了時間は前後する場合がございます。
※プログラム中に撮影したお写真やアンケート内容を東京海上日動火災保険株式会社、またはアーキペラゴのホームページなどに掲載することがあります。ご了承いただけない場合はスタッフへご連絡ください。

高松県営桟橋のりば


お申込み方法

こちらの専用フォームからお申し込み下さい。