アーキペラゴゼミ 豊島編

ホーム ›  プロジェクト › アーキペラゴゼミ 豊島編

アーキペラゴゼミ 豊島編

【豊島ゼミ】 2018/11/10(土)午前開講

2018年10月30日


飛行機から見る豊島の左先端、白く見えるところが産廃跡地です。
不法投棄された産業廃棄物を撤去したら、ほぼ海面と同じ高さに土地がえぐれたように見えます。
久しぶりに豊島ゼミを開講します。

豊島事件の産廃跡地はいま、どうなっているでしょうか。
敷地内にある「こころの資料館」で豊島事件について話を聞きます。
聞きたいことは、そのつど質問してもらい進めたいと思います。
講師は豊島事件住民運動のリーダーのお一人、石井亨さんです。
公害調停の選定代表人であり、ごみからメガソーラー問題まで
豊島に起こっていることを暮らしに照らして投げかけていきます。



(Text:豊島ゼミコーディネーター 山下ナミ)

*******************************

豊島ゼミ

実施日 :2018年 11月 10日(土) 
参加費 : 3,000円 (住民会議経費2000円/資料代含む)
時 間 : 集合 9:30 豊島交流センター
     解散 12:30 同上
内 容: 産廃処理跡地を眺め、水処理やツボ穴の埋め戻しなど、続く課題を現状視察
人 数: 最低催行人数3人

おことわり:講師の都合により中止にさせていただく場合があります。


■お申込方法■
————————————————————
・参加者名
・電話番号(当日連絡が取れる携帯番号など)
・当日移動の場合、どの港から?
————————————————————
を明記の上
11月 5日(月)までに
◎NPO法人アーキペラゴ
TEL:087-813-1001
Mail:info@archipelago.or.jp
もしくはお申し込みフォームよりご連絡ください。

概要
http://www.archipelago.or.jp/outline/teshima-seminar.html




8/4(土) 賀川豊彦と豊島農民福音学校  *終了しました

2018年06月30日


戦後、豊島農民福音学校が開校しました。
賀川豊彦という社会活動家が提唱した農業と暮らしを、豊島で実践した豊島農民福音学校。
今回は、創立者のご子息である藤崎盛清さんから創立に至る背景と当時の様子を聞きます。

下の写真は、賀川豊彦の書による豊島農民福音学校の石碑です。
「賀川先生」と豊島の人々が慕う賀川豊彦について、豊島にのこる建物や思想、そして島の人の暮らしからその人物像に触れてみましょう。




写真は、豊島農民福音学校にあり今も使われているロシア式石釜の炎、そしてその庭先の風景です。
現地集合・現地解散で1時間、藤崎盛一氏の書斎にて座学です。


━━━━━━━━━━━━━━
ゼミ概要
━━━━━━━━━━━━━━
開催日 2018年 8月 4日(土)
時 間 10:00 ~11:00
会 場  お申し込みの方へお知らせします。
定 員 大人10名 
参加費 2,000円

━━━━━━━━━━━━━━
スケジュール
━━━━━━━━━━━━━━
10:00  現地集合
    豊島農民福音学校と賀川豊彦について
    創始者のご子息、藤崎盛清さんからお話を聞きます。 
11:00  解散

*******************************
■お申込方法■
————————————————————
件名:8/4(土) 賀川豊彦と豊島農民福音学校
・参加者名
・電話番号(当日連絡が取れる携帯番号など)
・当日移動の場合、どの港から?
————————————————————
を明記の上
7月 31日(火)までに
◎NPO法人アーキペラゴ
TEL:087-813-1001
Mail:info@archipelago.or.jp
もしくはお申し込みフォームより
8/4(土) 賀川豊彦と豊島農民福音学校 と明記の上、ご連絡ください。

(Text:豊島ゼミコーディネーター 山下ナミ)


豊島で考える 暮らしとごみと自然のつながり *終了しました

2018年06月20日

豊島の産業廃棄物処理施設が今どうなっているか、一緒に見に行きましょう。

そして、島のビーチで"クリーンアップ"!どんなゴミがあるのかな?

自分たちの暮らしから出たゴミもあるのかな?調べてみよう!


豊島のビーチ

これまで何度か見学してきた豊島の産廃処理場。

今、処理場がどうなっているのか?
前回の見学から8か月ほど経った状況を一緒に見に行きましょう。

たくさんのごみが捨てられた歴史と、そこから何が起こったのかを学びながら、
自分たちのくらしと、私たちが出している"ごみ"のことを考えてみましょう。


また、午後からは豊島のビーチでクリーンアップ。

ただごみを拾うだけではなく、どんなものが落ちているかを
記録しながら拾っていきましょう。

そして、海ごみを少しでも減らすための活動をしている
香川県環境管理課の方が海とごみのお話をしてくれます。

夏休みの研究課題にしてみてはどうでしょう?


埋められたごみはこんな感じでした。

たくさんのごみが埋められていた場所


ビーチにこんなものがあるかも?

よーく見るといろいろ落ちてる!

開催日2018年7月21日(土)※荒天時は翌日(22日)に延期
時間8:00集合(県営高松桟橋)~16:15解散(県営高松桟橋)
募集人数25名(3歳以上のお子さまと保護者)
参加費大人(高校生以上)1000円 | 小人(小・中学生)500円 
※未就学児無料
主催・お問合せNPO法人アーキペラゴ
〒760-0062 香川県高松市塩上町1-2-7
TEL: 087-813-1001/FAX: 087-813-1002
共催日本NPOセンター
協力四国EPO|香川県環境森林部環境管理課
協賛東京海上日動火災保険株式会社
後援環境省

スケジュール

08:00集合(県営高松桟橋)
08:30高松港 出港(海上タクシーで移動)
09:20豊島家浦港 着
09:45産業廃棄物処理施設跡 見学
11:30産業廃棄物処理施設跡 見学終了
12:00豊島で獲れたお魚やお野菜を食べよう
※お飲み物は各自ご準備ください。
※ごみ軽減のため、お弁当箱やタッパー、お箸など各自ご持参ください。
13:00宮の浜海岸へ
13:30ビーチクリーンアップ開始
※どんなものがビーチに落ちているか調査しよう。
※自分の身近なものがどのくらいあるか見つけよう。
14:30ビーチクリーンアップ終了
15:30豊島家浦港 出港(海上タクシーで移動)
16:15高松港 着~解散

持ち物

  • 軍手
  • タオル(2枚程度)
  • 飲み物(水筒が望ましい)
  • 空のお弁当箱やタッパー、もしくはアウトドア用食器(昼食時の食器として使います)
  • 酔い止め(船酔いしやすい方は特にご注意ください)
  • 天候対策グッズ(日よけ・雨具など)

服装

  • 動きやすい格好
  • スニーカーもしくは長靴

※海岸での活動があります。
※日除け&熱中症対策は各自しっかり行ってください。

※都合により終了時間は前後する場合がございます。
※プログラム中に撮影したお写真やアンケート内容を東京海上日動火災保険株式会社、またはアーキペラゴのホームページなどに掲載することがあります。ご了承いただけない場合はスタッフへご連絡ください。

高松県営桟橋のりば


お申込み方法

終了致しました。


【あるく豊島ゼミ】 2018/5/19(土)午前開講 *終了しました 

2018年05月08日



さわやかな季節です。
高松から豊島へ向かう高速艇から、山々に色づくひときわ鮮やかな色が目に止まります。
山つづじがあちこちでこんもりと吹き出しているかのよう。
「豊島は神子ケ浜(みこがはま)の山つづじが見事だよ」と教えてもらった通りです。

産廃現場跡地の周辺も、新緑に山つづじが映えます。
豊島に不法投棄された産業廃棄物が、新たに見つかっています。
現場で昨年3月末まで稼働してた中間保管梱包施設はすでに解体されました。
4月、豊島ゼミで跡地を視察しました。




5月も豊島ゼミを開講します。

あるく豊島ゼミ、途中まで車で行きます。
遊歩道が完成して、高台から産廃処分の跡地を見渡すことができるようになりました。
ゴミの総量がイメージできると思います。
敷地内にある「こころの資料館」で豊島事件について話を聞きます。
聞きたいことは、そのつど質問してもらい進めたいと思います。
講師は豊島事件住民運動のリーダーのお一人、石井亨さんです。
公害調停の選定代表人であり、ごみからメガソーラー問題まで
豊島に起こっていることを暮らしに照らして投げかけていきます。

(Text:豊島ゼミコーディネーター 山下ナミ)

*******************************

あるく豊島ゼミ

実施日 :2018年 5月 19日(土) *終了しました
参加費 : 3,000円 (住民会議経費2000円含む)
時 間 : 集合 9:45 豊島交流センター
     解散 12:30 同上
内 容: 産廃処理跡地を高台から眺め、水処理やツボ穴の埋め戻しなど、続く課題を現状視察
人 数: 最低催行人数3人

おことわり:都合により中止にさせていただく場合があります。


■お申込方法■
————————————————————
・参加者名
・電話番号(当日連絡が取れる携帯番号など)
・当日移動の場合、どの港から?
————————————————————
を明記の上
5月 17日(木)までに
◎NPO法人アーキペラゴ
TEL:087-813-1001
Mail:info@archipelago.or.jp
もしくはお申し込みフォームよりご連絡ください。

概要
http://www.archipelago.or.jp/outline/teshima-seminar.html



【あるく豊島ゼミ】 2018/4/19(木)午前開講 *終了しました

2018年04月03日


今、豊島の産廃跡地はどんな様子なのか高台からみてみましょう。
遊歩道の設置工事も終わるようです。

あるく豊島ゼミ、途中まで車で行きます。
ちょっと歩いて高いところから処分跡地を見て、敷地内にある「こころの資料館」で豊島事件について話を聞きます。
聞きたいことは、そのつど質問してもらい進めたいと思います。
講師は豊島事件住民運動のリーダーのお一人、石井亨さんです。
公害調停の選定代表人であり、ごみからメガソーラー問題まで
豊島に起こっていることを暮らしに照らして投げかけていきます。

催行中止のたびに、参加ご希望の皆様にご迷惑をおかけしており、誠に申し訳ありません。
講師の都合により止むを得ず催行中止になることがあります。
豊島の動きを優先させていただきたく、どうぞご了承ください。

(Text:豊島ゼミコーディネーター 山下ナミ)

*******************************

あるく豊島ゼミ

実施日 :2018年 4月 19日(木) 
参加費 : 3,000円 (住民会議経費2000円含む)
時 間 : 集合 9:45島交流センター
     解散 12:30 同上
内 容: 産廃処理跡地を高台から眺め、水処理やツボ穴の埋め戻しなど、続く課題を現状視察
人 数: 最低催行人数3人

おことわり:都合により中止にさせていただく場合があります。


■お申込方法■
————————————————————
・参加者名
・電話番号(当日連絡が取れる携帯番号など)
・当日移動の場合、どの港から?
————————————————————
を明記の上
4月 16日(月)までに
◎NPO法人アーキペラゴ
TEL:087-813-1001
Mail:info@archipelago.or.jp
もしくはお申し込みフォームよりご連絡ください。

概要
http://www.archipelago.or.jp/outline/teshima-seminar.html