スタッフブログ

ホーム ›  スタッフブログ

スタッフブログ

『漆の家』 ワークショップに参加しました!

2016年08月03日


7月18日から始まった瀬戸内国際芸術際2016 夏会期。
男木島の『漆の家』では、夏会期中にワークショップを2回実施します。

8月2日(火)、1回目のワークショップに参加してきました!


今回のワークショップでは、香川の技法の1つとして残る【彫漆(ちょうしつ)】を体験。
それぞれ、作ってみたいデザインのコースターを作ります。

彫漆(ちょうしつ)は、色のついた漆を塗り重ねて漆の層をつくり、
浅く彫ったり、深く彫ったりすることで異なる色を出し、美しい仕上がりになる、というものです。


講師は、漆芸作家で香川県指定無形文化財彫漆(ちょうしつ)保持者の北岡省三先生。
(そんなにすごい先生なんや!!)
とても優しく、気さくな先生です。



漆の作家さんたちがすでに3層の漆を塗った板をもらい、下絵を描きます。
今回はデザインは自分で考え、北岡先生に下絵をつけてもらい、彫り方を教えてもらいます。



白いのは先生につけてもらった下絵。
青緑の線は、先生が掘り方を教えてくれた跡。黒の下に青緑、その下に白い漆を塗ってありました。

今回、デザインはみんなそれぞれ考えました。
絵を描いたり、モチーフ作りが好きな人はサラサラ~と描いていました。
(デザイン力ゼロの私は生みの苦しみの結果、かなりシンプルな曲線と水玉。。。)



大人も子どももかなり真剣!彫り始めるとみんな無言!
時間が経つのがとても早く、そして思ったよりもはるかに難しく、
途中までで終わってしまった人もいました。



参加者数名の作品を拝借して記念撮影。

実際に体験してみることで、漆芸作家さんたちのアイデア、デザイン、技術のすばらしさを
改めて感じることができた1日になりました。


7月14日、豊島ゼミに参加してきました。

2016年07月21日


7月14日の豊島ゼミに参加してきました。
天気も良く、瀬戸内国際芸術祭2016の夏会期開催直前ということもあり、
ボランティアのみなさんや、旅行中の方々を多く見かけました。


2015年12月5日撮影

2016年7月14日撮影

前回、産廃処理場に来たのは2015年12月5日。
まだ掘削作業をしていて、黒い土がたくさん盛り上げられていました。

今回、黒い土の量はだいぶ減っていて、
掘削作業もそろそろ終わりを迎えるんだろうな、と感じました。

この7ヶ月でもかなり作業が進んでいました。


来年3月には完了予定で進んでいるそうです。あと少しですね。


何度か参加している豊島ゼミ。
今回、初めての場所を見ることができました。



掘削した廃棄物を前処理し、海上輸送して直島に運んで焼却・溶融処理をします。
直島行の船に積み込むためのコンテナをトラックで運び入れ、
廃棄物を載せる準備をしているところを見ることができました。

3人のオペレーターさんが代わる代わるトラックを運転し、ターミナルと保管庫を往復しています。

毎回保管庫に入るたび、オペレーターさんはタイヤ、ボルトなどあらゆる場所をチェックします。
間違いのないように、ちゃんと廃棄物を運ぶためなんですね。



「日本で1年の間にどのくらいのごみが出てるか、知ってますか?」
という質問を講師の石井さんから聞かれますが、全く想像がつきません。

「実は、4億5千万トンものゴミが出ています。そのうちの約5千万トンが家庭ごみです。」
と言われても、数字が大きすぎて想像がつきません。

みんなが家でごみをあまり出さないように気を付けていても、
企業さんが環境に配慮した活動をしていても、やはりたくさんのごみが出てしまいます。

なるべくごみを出さないようにすることも大事だし、出てしまったごみをどのように処理するか。
改めて考えなければいけないと思いました。



『豊島のこころ資料館』では豊島事件の歴史を学びました。
何度聞いても、当時の住民会議のみなさんの壮絶な"闘い"を思うとことばが見つからず、
今はみなさん、どうされてるのかな、、、などと考えます。

同時に、今の日本では薄れてきた『自治』や地域の結束、助け合いがあったからこそ
ここまでの活動ができたのだとも思います。

もし、日本のどこかで、同じような事件が今起こってしまったらどうなるんでしょう。


午後からは豊島の豊かさを見ることができるスポットをめぐりました。

一時は『産廃問題』で有名になった豊島ですが、もともととても豊かな島です。
最近は、豊島美術館のように全国・世界的に脚光を浴びるスポットもあり、
観光に来る方も多いようですね。


ドンドロ浜商店さんのランチ

壇山から

スダジイの森

壇山山頂


とても手の込んだドンドロ浜商店さんのランチをいただき、
壇山から高松の屋島や五剣山を遠くに見て、
ジブリ映画の舞台になりそうなスダジイの森で木漏れ日に癒され、
さらに壇山山頂からきれいな瀬戸内海を見渡す。


「アートな豊島」とはまた違った体験です。



豊島の産廃処理は、廃棄物をどこかに移動させて処理をするのではなく、
きちんとした処理を行い、再生できるものは再利用し、
豊島を原状回復させる方法で処理をしているそうです。

世界でもこの規模で、原状回復をさせるところは外にない、とか。




「アート」も、「自然」も、「歴史」もある豊島にもっと行きたいし、
もっと多くの方にいろんな豊島を見ていただきたい、と改めて感じた日でした。


瀬戸内国際芸術祭2016 夏会期始まり!

2016年07月19日


昨日、7月18日は瀬戸内国際芸術祭2016 夏会期の始まりでした。

意気揚々とサンポートへ!開会式が始まる30分前に到着!

デックスガレリアはタイの民芸品などが展示され、高松と思えない雰囲気でした。
とても不思議でステキな空間です。


「タイ、ええなぁ~」と異国情緒(?)に酔いしれている間に開会式が始まり、
多くの海外からのゲストやメディアの方、関係者の方でいっぱいになりました。


デックスガレリアに入って、きっと一番に目に入るのは『傘』です。

番傘のようですね。作り方。

骨組みを作って、紙を貼って。どうやらその上からキレイな絵を描いているようです。



まゆから絹糸をつくり、機織りする様子を見ることもできます。

タイシルク、こうやって作られるんですね。
詳しくは私もよく分かりませんが、日本でも同じような方法、工程ではないでしょうか?



色んな素材でできた『装飾品』を紹介するコーナーもあります。

「これ、石鹸??」

「えー!これ、お米!!」

「紙でこんな花が?!」

という、驚きの連続。


キレイすぎるので「結婚式とかで使う飾りですか?」と聞いてみると、
「お家のデコレーションよ」と。。。

なんと、キレイなお家の飾り!



見たり、話したりすることに夢中で、全ての写真を撮ることができませんでしたが、
それぞれの民芸品を作っているタイの方たちも本当にフレンドリーで、
細かくてキレイな手しごとに見入ってしまいます。


異国文化を見て自国文化を改めて知る、いい機会ですね。

この夏休みはぜひ、サンポートへ行きましょう~。

瀬戸内アジア村|7/18(月・祝)~8/7(日)
瀬戸内国際芸術祭2016 夏会期|7/18(月・祝)~9/4(日)


瀬戸内国際芸術祭2016 夏会期まであと少し!

2016年06月21日


瀬戸内国際芸術祭2016 夏会期まであと1ヶ月を切りました。

作品鑑賞パスポートをまだお持ちでない方は是非アーキペラゴまで!


[作品鑑賞パスポート]
一般: 5,000円
高校生: 3,500円
※3シーズン共通です。

[瀬戸内国際芸術祭2016]
夏: 7月18日 - 9月4日
秋: 10月8日 - 11月6日


Only a month to go until Setouchi Triennale 2016 Summer.

Triennale 3-season Passports are available at us, Archipelago.
Please contact us for tickets anytime.

[Triennale 3-season Passport]
Adult: JPY 5,000
High School Scudent: JPY 3,000
*Usable for all 3 seasons.

[Setouchi Triennale 2016]
Summer: July 18 - September 4
Autumn: October 8 - November 6


『川島猛とドリームフレンズ』 KALEIDOSCOPE Black and White

2016年06月17日

2回に分けてブログにした川島先生のお話。

実は、川島先生と奥様の順子さんにインタビューをし、
それをまとめたリーフレットから拝借してご紹介しました。

2016年7月19日から始まる瀬戸内国際芸術祭の夏会期で
川島先生の作品を見に来られた皆さまにお配りする予定ですが、
ちょっとフライングで見ていただけるようにアップします!!

下記、ダウンロードして是非ご覧ください!


ファイルを開く

『KALEIDOSCOPE Black and White』 リーフレット


キューブデザイン/村尾幸次
インタビュアー/海谷菜央子・山本政子・三井文博
編集/片山明子


先にこのPDFを読んで男木島に行き、先生の作品を見て、そこで印刷したリーフレットをもらい、
めおんバーガーを食べながらもう一度読む。

先生のお話や作品の見方が少し変わるかもしれませんね。

夏休みには男木島に行きましょう!