NEWSお知らせ

ホーム ›  お知らせ

第3回せとうちクリーンアップin浦島(積)

2017年12月05日

みんなで集合写真


事前事後 きれいになりました!!

浦島太郎が宝物を積んで帰ってきた場所との伝説が残る荘内半島の積で「第3回せとうちクリーンアップin浦島(積)」を行いました。
地元で活動を行っている積楽しまん会の方々の参加協力などもあり、全体で50名の参加者があり114kgの漂着ごみを回収することができました。


ICCクリーンアップ手法)と活動の流れ説明


ICC調査、クリーンアップの様子


子どもたちも参加してくりました


子どもたちが拾ったお宝!!


ふりかえり、参加者から感じたことを発表


今回も、ICC(国際海岸クリーンアップ)手法とビーチコーミング(お宝さがし)を取り入れて、楽しみながら気づきのあるクリーンアップが出来たように感じます。
参加者からは「こんなごみ拾いをするのは初めてで、カキ養殖用まめ管やプラスチック破片などが思った以上に多かった」などのコメントがありました。
(調査の結果:個数が多かった漂着ごみ⇒①ガラスや陶器の破片破片=407個 ②発泡スチロール破片=274個 ②プラスチックシートや袋の破片=205個)


お宝漂着物紹介


お宝に子どもも大人も興味深々


海ごみの話(生き物への影響)


クリーンアップの後には「海ごみ問題」と「お宝漂着物」についての話があり、海を漂うごみを動物がエサと間違って誤飲や誤食したり、ロープや網が絡まる問題など人間以外でも困っている生き物がいることについて知ることが出来ました。また、身近にある海岸をきれいにすることが遠い海にすむ生き物たちを守ることにつながっていることも知れました。


海の恵みについて話

海の恵みを使った里海ランチ

地元の海で採れたひじき

マイ食器の利用

マイ食器を使って里海ランチ試食

活動の最後には、海の事により興味を持ってもらい、ごみその物を出さないようにするため、海の恵み、マイボトル・食器の利用促進についての話を行いました。
その後に、使い捨て食器を使わずに恵みを味わう里海ランチを海を眺めながら楽しみました。


【参加者募集】第3回せとうちクリーンアップin浦島(積)

2017年11月05日


ファイルを開く

案内チラシ(PDF版)

参加者の募集案内です。
 2017年度 第3回目のビーチクリーンアップ&海ごみ調査を12月3日日曜日に三豊市詫間の積で行います。
みなさんのご参加を楽しみに待っています。

■活動名:2017年 第3回せとうちクリーンアップin浦島(積)
    ~美しい海を瀬戸内から そして子どもたちへ~
■目的・趣旨
 瀬戸内海をもっときれいに!もっと親しみが持てる場所に!!そしてこの美しい自然環境を子どもたち世代まで残せるようにしませんか?
せとうちクリーンアップフォーラム(SCF)では、海ごみが大量に漂着している重点ポイントを中心に年4回の大規模なクリーンアップの実施を計画しています。
 
■日 時:2017年12月3日(日)9:00~12:00 
■場 所:集合場所 フラワーパーク浦島近くの海岸(香川県三豊市詫間町積)
■参加費:無料
■対象(参加人数):どなたでも参加できます(60人)
■参加〆切:11月30日(木)
■申込方法: Eメール又は電話、郵送にて、参加者氏名、住所、携帯番号、当日連絡が可能な連絡先をお知らせください。
※SCF個人会員の方は、Facebookページにて「参加」を押すだけで参加申込完了です。
■主 催:せとうちクリーンアップフォーラム(SCF)
■後 援:香川県、三豊市、四国新聞社
■準備物:帽子、タオル、飲み物、動きやすい靴・長靴、防寒着、軍手(お持ちの方)
使い捨てじゃないマイ食器とカップ(汁用)、マイ箸、マイボトル(お持ちの方)

(スケジュール)
時 間   活動内容
08:50  受付
09:00  開会、オリエンテーション
09:20  海ごみ調査、ビーチクリーンアップ 開始
     (拾うだけでない!海ごみを調べてみよう!! お宝もあるかも・・・)
10:30  ビーチクリーンアップ&海ごみ調査 終了    
      海ごみの話、お宝漂着物紹介、ふりかえり
11:00  里海ランチ(軽食を準備しています)
12:00  活動終了、解散

【備考】
・少雨実施。荒天時は中止します。

<お問合せ、お申込み先> 時間 月~金 9時~17時
せとうちクリーンアップフォーラム(NPO法人アーキペラゴ)
住 所:香川県高松市塩上町1丁目2番7 1/2階
E-mail:scf@archipelago.or.jp
連絡先:Tel.087-813-1001 / Fax.087-813-1002


TOYOTA AQUA SOCIAL FES 2017でビーチコーミング&海のフォトフレームづくり活動を担当させていただきました。

2017年10月02日

TOYOTA AQUA SOCIAL FES facebookページより


9月30日日曜日に東かがわ市の山田海岸で行われたTOYOTA AQUA SOCIAL FESのお手伝いでビーチコーミング&海のフォトフレームづくりを行いました。
この活動は「さぬきの水辺を守ろうプロジェクト」の一環で、県内から約100人の参加がありました。


はじめに、楽しみながらクリーンアップをしてもらうために、ビーチコーミングとお宝漂着物のお話。
お宝漂着物で、きれいな貝殻や色が変わったおもちゃなどを見た子どもたちから歓声があがり、早くお宝を探したい様子でした。


クリーンアップの様子

漂着ごみとお宝拾い

台風18号の影響で多くの漂着ごみがある中、ごみを拾ったり、フォトフレームづくりの材料となるお宝を拾ったりとわくわくしながら活動をしていました。
参加者の中には、袋いっぱいになるまでごみ拾いを頑張ってくれた子どもたちもいました。


フォトフレームづくりにチャレンジ!!

何を貼り付けようかな~

海のフォトフレーム完成!!

自分たちが拾ったお気に入りの材料を使ってフォトフレームづくりに挑戦!!
自然の材料を使ったり、人工物を使ったりと思い思いにフォトフレームづくりに熱中していました。


お気に入りのフォトフレームと一緒に撮影

完成したお気に入りで色とりどりのフォトフレームと一緒に記念写真。
お家で好きな写真を入れてかざって欲しいですね。


四国新聞(10月1日朝刊)にも活動の記事が出ていました


第2回せとうちクリーンアップin男木島を実施しました

2017年09月23日

集合写真

 9月23日土曜日、第2回目のせとうちクリーンアップを男木島で行いました。
台風18号の影響で多くのごみが漂着している中、参加者の皆さんに頑張っていただき24kgのごみを回収することが出来ました。


ICC調査の様子

ごみの種類を説明

破片化したごみを拾うのは大変!!

 今回もごみは拾うだけではなく、国際海岸クリーンアップ(ICC)調査手法を用いてクリーンアップを行いました。ICC調査は、どのようなごみが多いかを世界共通の方法で調べることのより、ごみの発生抑制の基礎資料になったり、ごみ問題への気づきや意識づけとなったりしています。
 今回、回収した個数では、発泡スチロール破片418個、ガラスや陶器の破片385個、プラスチックシートや袋の破片204個がトップ3で多かったです。


海ごみの話

お宝漂着物を紹介

 クリーンアップの後には「海ごみ問題」と「お宝漂着物」についての話があり、海を漂うごみを動物がエサと間違って誤飲や誤食したり、ロープや網が絡まる問題など人間以外でも困っている生き物について知ることが出来ました。
 また、お宝漂着物の紹介ではガラスの浮き球や変った木の実、おもしろいおもちゃなどに子どもたちも楽しんでもらいました。気軽に海へ遊びに行く機会につながればと期待しています。


里海ランチ

海をながめながらランチ

 全ての活動が終わった後には、海をながめながら定番の里海ランチ!!タコ飯にタコのマリネ、野菜の天ぷらなど、どれもめっちゃ美味しくて、みんな御代わりして満足な表情でした。
ランチは、男木島漁協のお母さんたちに準備いただきました。


男木島を満喫

海岸からの帰り道は散策したり、猫とあそびながら男木島を楽しみました。


四国日立グループ様の「里海づくり活動」のお手伝いに行ってきました!

2017年09月02日


四国日立グループ様が実施された「里海づくり活動」のお手伝いに、SCFメンバーも参加してきました。

日立グループ様は長年地域のボランティア活動に取り組んできましたが、昨年から香川県が進めている「里海づくり」に企業としても共感し、活動の輪を拡げられています。

今回は、東かがわ市の田の浦海岸にて、ICC方式による海ごみの調査、クリーンアップ、そして地元の東かがわ市生活研究グループ様が用意してくれた「里海・里山ランチ」の昼食会といった内容です。


グループに分かれて20分ほど海ごみの分類調査を実施します。2回目の方も多く、手際よく調査が進み、調査メインなんですけど、見る見る海ごみの量が減っていきます。カキ養殖用の豆管、食品のプラスティック容器、食品のプラスティック包装などが多かったようです。(後ほど最終集計し、ICCデータとして報告します。)

調査後、残ったごみをガッツリ拾う時間を設けました。達成感を得るには見違えた浜辺を見たいですからね。合計で40リットルのごみ袋、60袋ほどのごみを回収することができました。ありがとうございました!


たっぷり動いたのでお腹が減ってきましたね。少々我慢して海ごみの勉強をした後は、お楽しみの里山・里海ランチです。各自持参したお弁当箱やタッパーにいりこ飯や煮物、焼き魚、鶏のから揚げ、酢の物などを詰めていきます。この「茶色い」お弁当が大好評なんですよねー。


海風も吹いてきて、森の中はほんと快適そのもの。のんびりとした空気が流れます。活動の後のこの時間がとても好きです。

参加された皆様、お疲れ様でした。日立の皆さま、貴重な機会をありがとうございました!