NEWSお知らせ

ホーム ›  お知らせ

海と日本プロジェクト「かがわseaマスター」の協力をさせていただきました。

2018年07月23日

集合写真


 7月21日 土曜日 「かがわseaマスター」(日本財団が実施する海と日本プロジェクト 西日本放送が事務局)のお手伝いをさせていただきました。
 ハマチ養殖発祥の地である引田で、ハマチ養殖について学んだり、海の恵みや海の環境について学んだりしました。
 我々で担当させていただいたのは、各グループの子どもたちにリーダーとして着いて学習サポートと安全管理を行いました。


養殖イカダに向けて出発

養殖イカダ見学

 はじめに、ハマチ養殖業を営む服部さんの案内で引田沖にある養殖イカダの見学を行い、ハマチやカンパチ養殖の工夫や養殖している量などについて話を聞きました。


ハマチのエサやり体験

ハマチのさばき方説明

ハマチのさばき方説明

ハマチのさばき方体験

 見学から帰ってきてからは、安戸池でハマチに餌やり体験をしたり、ハマチのさばき方体験をしたりしました。
 ソルトレイクひけたの六車さんから、さばき方のコツを聞いたあとは自分達でも、ハマチを切って刺身にしました。
出来上がった刺身は、昼食時に海の恵みとしていただきました。刺身は子どもたちに大人気で残すことなく完食しました。


海ごみ、お宝漂着物

クリーンアップの様子

クリーンアップの様子

海ごみによる被害について

 午後からは、アーキペラゴの森田さんが講師を務め、海ごみについて学ぶ時間でした。
海岸のクリーンアップを行いながらどのようなごみがあるかを実際に見てみたり、これらのごみによって困っている生き物について考えたり、海ごみを減らすために私たちができることについて考えたりしました。
「ごみを拾うのも大切だけど、ポイ捨てをしない事やごみを発生させないようにする」などの意見が出ていました。
また、楽しみながら活動が出来るお宝漂着物の話では、歓声や笑いありで子どもたちは真剣に話を聞いていました。


四国新聞 朝刊 2018年7月22日


オアシススポット拡大中!! オアシスマップの取組みが紹介されました。

2018年07月02日


 6月24日火曜日 オアシススポット第1号ステーションの「手打ちうどんひさ枝」でステッカー配布セレモニーを行いました。
 この時の様子は四国新聞社、KSB瀬戸内海放送で掲載及び放送された反響もあり、協力の連絡をいただいたり、問合せの連絡をいただいたりしてオアシススポットがどんどん増えています。
目指せ!年内200ヶ所開設!!


四国新聞社 2018年6月27日(水)朝刊


 せとうちクリーンアップフォーラムでは、ペットボトルなど使い捨てプラスティックの削減に取り組むため、マイボトルの活用を推進しています。
 これからの暑い季節は、朝に用意したお水やお茶が日中に切れることもあります。
 そこで、マイボトル持参者がお水やお湯を無料で補給できる場所を紹介した「オアシスマップ」を作成することにしました。
 赤ちゃんのミルクの補給や、「コーヒーじゃなくお湯が飲みたいんだよね」という声に応えるためにも「お湯」の補給ができるステーションも集めていきます。


早速ランナーがマイボトルへ補給

補給の様子を取材されています

大将の久枝さんも笑顔で取材中

SCFボトルでも補給させてもらいました

 マイボトル持参者に「お水」や「お湯」を提供していただける、飲食店の方、事業者の方を募集しています。ネット上の「オアシスマップ」で紹介するとともに、紙のマップも準備します。店舗などの入口にはっていただける可愛いステッカーも用意しています。
 店舗や事業所の方々の協力をお待ちしています。
 これから夏本番!オアシススポットをどんどん利用していただける事を楽しみにしています。


ビーチクラフト体験&リユースカップ利用促進活動をしました。

2018年06月12日

貝殻アクセサリー作成


 6月9日(土)瀬戸内DAYOUT2018に「ビーチクラフト体験」と「リユースカップのレンタル・販売」をNPO法人アーキペラゴ(せとうちクリーンアップフォーラム)で出店させてもらいました。
 保護者を含めて50人程の方に参加してもらい、蔦島で採った小さな貝殻を大きめの貝殻の中へ入れた貝殻ストラップやビーチグラスを使ったネックレスを思い思いに作るのを楽しんでもらいました。
世界に1つだけのオリジナルで気に入って身に付けたり、「家に帰ったらランドセルに付ける!」って喜んだりしてもらえました。


ビーチクラフト体験の様子

多くの体験者で賑わっています

貝殻アクセサリー

親子で楽しんでもらえました!!

お気に入りの貝殻やビーズを選んで作ったよ☆

ビーチグラスでネックレスづくり

早速ネックレスを付けてます

家族で楽しんでもらいました

 「使い捨てのプラスチックカップ利用ゼロ」を目標にリユースカップのレンタルと販売を行いました。
レンタルとしての利用が多かったですが、遊びに来たお土産として買って帰る人もいました。
350mlの飲み物やビールが丁度入るので、これからの夏シーズンの利用にピッタリです。
 2日間の活動予定でしたが、10日は荒天が予想されるため中止になしましたが、実施や10日の機材撤収など、協力をしていただいたスタッフの皆さんありがとうございます。

※リユースカップの販売やビーチクラフト体験、ビーチアクセサリー作り体験の依頼も受けていますので、興味がある方は事務局までお問い合わせください。


リユースカップレンタル・販売の様子

ごみゼロ目標 リユースカップ 


【実施しました!!】2018年度 第1回せとうちクリーンアップinつた島

2018年05月30日

集合写真 たくさんごみを拾ったぞ!!


 5月27日 日曜日、三豊市仁尾町にある無人島の蔦島で今年度第1回目となるビーチクリーンアップ活動を行い、31人の参加者が汗を流しました。
 天気に恵まれ、気持ちいい潮風を感じながら大型ごみ袋65袋(170kg)の漂着ごみを回収することができました。


アイスブレーキングで身体と頭の準備運動


各グループで活動


 最初にアイスブレーキングで身体と頭の準備運動をした後、各グループに分かれて国際海岸クリーンアップ(ICC)の実施方法や活動時の留意点を聞いてからクリーンアップスタートです。


クリーンアップの様子

クリーンアップの様子

ICC調査の記録

ふりかえりと気づきの共有

 ICC手法を取り入れて活動を行ったことで、どのようなごみが多いかを参加者に知ってもらうことができました。参加者から「カキ養殖用のパイプは見たことはあったが、何に使われていて、どこから流れてきているのかを知れて良かった。」「遠くから見たらきれいな島でも、ごみが多くて残念。これからもごみ拾いで海をきれいにしたい。」などのコメントがありました。
(今回の調査で個数が多かったごみ:①カキ養殖用まめ管297個 ②硬質プラスチック破片190個 ②カキ養殖用パイプ157個)
 この結果は、春のクリーンアップキャンペーンとして一般社団法人JEANへ報告し、今後の海ごみの発生抑制につなげるデータとしてもらいます。JEANホームページのクリーンアップ情報


海ごみ、お宝漂着物の話

色々なお宝漂着物

 クリーンアップの後には、今回拾ったごみはどこから流れてきて、拾われなかったごみはどこに流れていくのか?このごみによって困る生き物についての話がありました。
 また、お宝漂着物紹介では色々なキューピー人形やおもちゃ、きれいな貝殻などの紹介があり、参加者からは笑いありで楽しく活動をする方法のヒントがあったように思います。


マイ食器・ボトル利用による使い捨てプラスチックの削減

マイ食器で里海ランチ

里海ランチの様子

 使い捨てプラスチックの利用削減のため、マイボトル・マイ食器の利用促進の話も行いました。
自分で持ってきた食器やボトルを使って、里海山ランチをいただきました。青空の下、海をながめながら恵みをいただきのは格別です。


島からごみの運搬

 島でのクリーンアップだったので回収したごみを処理するのも大変でしたが、参加者に協力してもらい運搬しました。参加者、協力者の皆さんありがとうございます。


■募集■ お水を補給してくれるところを探しています!

2018年05月17日


「せとうちクリーンアップフォーラム(SCF)」では、海ごみの回収促進だけでなく、海ごみの分析をするなどしてライフスタイル転換を目指す発生抑制にも奮闘しています!

過去の調査からペットボトルとレジ袋が川と海に大量に流出していますが、当面の目標としてこの使い捨てプラスティックであるペットボトルとレジ袋の利用削減を目指しています。

ペットボトルは日本は回収率高いほうなのですが、それでも約1割のペットボトルは回収されないまま自然界に出てしまっています。消費量が膨大なだけに凄まじい量が海ごみなどとして存在しています。その多くは破片化してマイクロプラスティックへ。硬いキャップは遠路はるばるハワイの先まで流出しています。

そこで、ペットボトルに頼らないライフスタイル転換のため、マイボトル持参を推進します。高校まではみんな水筒持参で生活しているわけですからなんとかなるはず。実際、僕もここ数年、緊急時をのぞいてマイボトルだけです。

ただ、これから夏場は朝用意したお茶や水だけでは足りなくなるケースもあるでしょう。外回りしてたら汗もかきます。また、ジョギングなどでは500mlなんかはあっという間。なんとしても水を補給できる場所が、生活圏に必要です。

そこで、高松エリアをスタートに「街のオアシスマップ」を作成することにしました。ウェブや紙の地図で「お水」が補給できるところをマッピングします。また、赤ちゃんのミルクや健康考えてお白湯が欲しい方向けに「お湯」が補給できるところも。

今回、第1号補給地点として、手打ちうどんひさ枝さんが登録してくれました!!美味しいおうどん食べてお腹が満タンになったら、午後に備えてマイボトルも満タンに!

登録したお店はネット、紙地図でご紹介するほか、お水が補給できる旨の可愛い店頭用ステッカーをお配りします。美しい海を守りたいという趣旨にご賛同いただき、補給地点として名乗りを上げてください。SCFメンバーが個別にお願いに行くと思いますが、ぜひご賛同いただけるうどん店、カフェなどの飲食店、事務所などはぜひお問い合わせページからご連絡ください。ご説明に参ります。

お店や事業所を営んでない方は、ぜひ常連になってるお店などに、「こんな依頼があるんだけど?」と声かけしてみてください。夜しか空いてないお店でも大歓迎です!