NEWSお知らせ

ホーム ›  お知らせ › 第8回せとうちクリーンアップin屋島を実施しました。

第8回せとうちクリーンアップin屋島を実施しました。

2019年02月13日

集合写真


 2月11日建国記念日に屋島長崎ノ鼻で共催のYashima Blue Activityの方々と一緒にビーチクリーンアップを実施しました。
 あいにく雪まじりの雨でしたが、全体で42名の参加があり、248kg(45Lごみ袋91袋)の漂着ごみを回収することができました。
 当初は、ICC調査も予定していましたが、天候が悪かったためICC調査は実施せずにごみの回収を行いました。
海岸にあるごみを全部拾うぞ!と意気込みながら、活動をスタートしました。


クリーンアップの様子


子どもたちも頑張って活動してくれました


クリーンアップの様子


 長崎ノ鼻は瀬戸内海に突き出した屋島の最北端で、ここへ行く道が豪雨により路肩崩壊していたこともあり、長くクリーンアップが行われていない事と市街地を貫流する河口から近いため、多くのごみが漂着していました。


回収したごみ


生活から出てきた色々なごみ


クリーンアップの事前と事後


 生活に関するごみが多く、このごみの量が分かりやすいようにペットボトルと他のごみを分けて回収しました。全体で91袋のごみを回収し、そのうちペットボトルは41袋とおよそ半分を占めていました。
 参加者からは「こんなにごみが多いのに驚いた」「生活や身の回りにあるものが想像以上にごみになっているのに驚いた」などのコメントがありました。
 これらのごみは回収しなかった場合、海岸から流れ出して海底に沈んだり、破片化したり、外海へ流れ出したりして回収が非常に難しくなってしまします。そのため、漂着ごみが多い場所で定期的な回収活動が必要になります。


全員でごみの運び出し


全員でごみの運搬


 海岸とごみの集積場所に高低差があったので、全員で協力してごみのリレー方式で運搬でも汗を流しました。


ふりかえり、使い捨てプラスチックを出さない方法について


里海の恵み、リユース食器の利用


 クリーンアップの後には、マイ食器の利用体験でカレーを味わいながら、里海の恵みについての話があったり、1日のふりかえりをしたりしました。
 利用体験では使い捨てプラスチックを出さないために1人1人の心がけしだいでごみを減らせることにも気づいてもらえたように感じています。